生産拠点|奈良県橿原市のレディースインナーメーカー【株式会社タカギ】

株式会社タカギ

お問い合わせフォーム タカギ公式Twitter

生産拠点

国内長崎、ベトナム、中国の3ヶ国で自社工場を設けておりますので、商品のコンセプトにあった生産、コストを実現することができます。

◆タカギクラフトリエ株式会社(長崎県長崎市)

長崎工場
ジャパンクオリティの高品質商品に対応できます。
タカギクラフトリエでは早くからTSS(トヨタソーイングシステム)に対応するため、立ちミシン方式を導入しています。
TSSとは、少量生産の単サイクル納品を可能にするシステムです。
少人数がチームとなり、複数台のミシンで少量から連続した作業を行うため、完成までをスピーディーに行うことができます。
また、このシステムでは、細かいニーズに対応でき、多品種・小ロットの高品質商品の受注に対応可能です。

◆ベトナムタカギ(ベトナム・ドンナイ省)

ベトナム工場
タカギクラフトリエ同様、TSSシステムを導入しており、多品種の商品を短期間で生産することができます。
長崎工場とは異なり、コストメリットを出すことのできるベトナム工場では、縫製人数、縫製ラインを増やし大量生産の受注にも対応しています。
FTA(自由貿易協定)により周辺のASEAN諸国から、低コストでの材料調達ができるため、価格にこだわりをもった商品の大量生産が可能です。
また、日本国産の素材を持ち込んでの生産にも対応しています。

◆コウエイタカギ(中国・青島市)※合弁

中国工場
安定した低コスト商品の大量生産に対応可能です。
長年にわたり繊維製品の生産拠点となっていたため、あらゆる素材を使った商品の受注が可能です。

↑ PAGE TOP